管理人のコペン

COPNE  
外観

PandoraのCOPERCHE TYPE887 EVO IIデモカーの2トーンがすごく気に入ったのでそのまま似せてもらいました、もとよりオレンジ色が好きなのでオレンジの箇所はAudiのPAPAIYA ORENGIにしてもらいました。
リアだけCOPERCHE TYPE887 EVO IIなので後ろから見るとPandoraのデモカーと間違われそうです。

装着パーツ
フロントバンパー CROSS STYLE COPEN&ウインカーType1
リアバンパー COPERCHE TYPE887 EVO II
サイドステップ CROSS STYLE COPEN
ボンネット エアロボンネット(カーボン製)カーボンエアインテーク装備
全塗装 Audi PAPAIYA ORENGI&Black
D-SPORT スポーツマフラー
D-SPORT サイドシル補強バー
PIAA SPORZAシリコートワイパー カーボンタイプ
ダイハツ純正 リアパフォーマンスブレース
ノーブランド アイライン
タント純正アンテナ

エンジンルーム

エンジン内部にはほぼ手を入れていませんが100馬力を超すパワーを叩き出すことできます、エアロボンネットはレインガード無し、バックタービン仕様、ステンメッシュエアフィルターで塵埃雨吸い放題と寿命をある程度犠牲にしてパワーをあげています。
またコペンの弱点である剛性の弱さもある程度補強してあります。

装着パーツ
BLITZ SUS POWER AIR CLEANER
1ZZ-FE用 インジェクター
HKS DX30タービンキット
DENSO IRIDIUM POWER / イリジウムパワー IK24
も。SPL 忍法ダルマサンガコロンダー
も。ファク も。インテークパイプSET ブローオフレス.ver
CUSCO OSストラットタワーバー
ノーブランド アーシングキット

足回り

加速・減速時・コーナリングにおけるもっとも重要な箇所だけに全体的に強化しています、ハイパワーをしっかりと地面まで伝えるハイグリップタイヤ、そして強くてコントローラブルな制動力を生み出すブレーキパッドとローターのセット、地面の凹凸を受け止めるサスペンションなど大幅に手を入れています。

装着パーツ
HKS HIPERMAX COMPACT HIPERMAX S compact
BRIDGESTONE POTENZA POTENZA RE-11
A-TEAC ファイナルスピードイレーザー
Projectμ SCR Pure Plus6
Project μ Coμ SPORTS

内観


内装は必要最低限しか手を入れていません、補強や強化パーツを優先しているため後回しです。

装着パーツ
TANABE SUSTEC STRUT TOWER BAR
D-SPORT アルミフロアパネル
RAZO RA98 GTアドバンスノブL 340G装着
RAZO RP75 エグゼクティブスポーツ MT B&C
RAZO RP72 エグゼクティブスポーツ アクセルL 
ダイハツ純正 RECAROシート 
ダイハツ純正 MOMOステアリング
ファイアーマスター フレームビーター(カーボン調)


電装

自動車は今や完全にコンピューター化されていますから電装品はパワーアップに必要なものが数多くあります、特にブーストコントローラーはパワーアップの必需品です。
パソコンも趣味としてかなりやりこんでいて車載PCなるものを積んでいます、コレはかなり珍しいものです。

装着パーツ
BLITZ DUAL SBC spec R
プッシュスイッチ(サンキューハザード用)
LEDミサイルスイッチ(車載PC・ハザード移設用)
パルスポーツ HKSタービンキット対応コンピューター
mini-box.com VoomPC-2
XENARC 700IDT
PIVOT SPEED METER-V
PIVOT イルミスターター
BLITZ FATT
carrozzeria TS-J160A
carrozzeria DEH-P710
オートゲージ ブースト計(EL発光)
オートゲージ 水温計(EL発光)


その他
ダイハツ純正 スーパーLSD
SFC もっと消音サイレンサー
パシフィック工業株式会社 エアコン用クリーンフィルターダイハツ車用

パワーチェック


シャシーダイナモ実測値で117馬力です。
コペンパワーチェック

各パーツレビューはみんカラで!

100馬力オーバー!!コペンのパワーチェックをHDリサイズで再公開!


シャシーダイナモにて実測117馬力マークしたマイコペンをの動画をHDリマスターとして再公開しました、計測は2010年で全塗装前ですからパールホワイト&自作ステッカーの姿の状態です。

計測はいつものイワモトレーシングさんの所にお世話になりました、リーズナブルな価格でパワーチェックをしてくれます、整備スペースの関係上車両が入っているとシャシーダイナモが使えないこともありますから事前に連絡をしてシャシーダイナモが使えるか確認しておいた方がいいですよ。

計測時には車高によりフロントバンパーを脱着して計測しないといけないので計測前にバンパーを取り外すための工具を積んでいったほうがいいいでしょう。

ちなみに4WD車は計測不可です。

スポンサード リンク
ブログ記事検索
カテゴリ
特別コンテンツ
最新記事
月別アーカイブ
PR
Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

GUN DOLL
リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク