ニコニコ動画の動画をDivxに変換してcarrozzeriaの楽ナビで再生してみた

AVIC-HRZ088

愛車のコペンを全塗装に出して3週間が経過しました、板金塗装は素人レベルで何回かやっていますが時間をかけずに適当にやると仕上がりは酷いものです、じっくり時間をかけて手をぬかいないことが仕上がりの良さに繋がるのですが待っている間に乗っている車が暇すぎる・・・

FMを流すのも飽きたし備え付けのcarrozzeriaの楽ナビAVIC-HRZ088で何かできないかと調べて見るとDivxが再生できるらしいとのことで実際にDivxファイルを作成して再生してみました。

まずは元のファイルですがニコニコ動画で公開されている動画を使用します、オリジナルPV等がたくさんありここでしか見られない動画がたくさんあるのでまずはニコニコ動画の動画ファイルをダウンロードする必要があります。

SmileDownloader

私が使用しているのはSmileDownloaderです、使い方は非常に簡単で新しいURLを開くで動画のURLをコピーアンドペーストで貼り付けてやればダウンロード先を指定するウィンドが開きます、保存先を指定すればすぐにDLを開始します。
IEのメニューに登録したりクリップボードの監視機能を使えばさらに簡単にダウンロードができます、またニコニコ動画だけではなくYoutubeの動画ファイルもダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルは新しいものだとmp4ファイルなのですが古いものはFLVファイルになります、FLVは一度他の動画ファイルへと変換してやらないと次の行程でつまずきます。

Handbrakeの設定

今回はすでにインストールしてあるiPhone・iPad・iPod・AppleTV用の動画変換に特化したHandbrakeを使用してFLVファイルを変換します、こちらのブログで紹介していますのでダウンロードやインストール方法を参考にしてください。
ファイルをドラッグアンドドロップして保存先を指定してプリセットのRegular>HighProfileを選択しておけば変換時の劣化も少ないと思います。

Divx Puls Converter
 

変換したファイル、もしくはmp4ファイルはDivx公式のツールであるDivx Puls Converterを使用します。

有料ソフトだそうで・・・

有料ソフトですが試用期間があるので15日間は無料で使えます。

必要なコンポーネントだけインストール

事さえ済めば用なしなので(ひでぇ)不要なコンポーネントは極力入れないようにします。

ファイル管理

Divx Puls Converterを起動して変換したい動画をドラッグアンドドロップします、変換設定はHOME THEATERに設定します、隣の開始ボタンを押せば変換開始です。

変換中

動画の変換はパソコンの性能をフルで使うので変換中は動作が鈍くなったりすぐことがあります、また古いパソコンだと性能が低く時間が掛かりますので気長に待っておきましょう。

OSの機能で焼き付けてみた

出来上がったファイルはCD-RかDVD-Rに焼き付けます、車載するメディアは使い捨てなので焼き込み品質なんて適当でOKです(焼きは適当でもメディアの品質には注意です、品質がよくないものを使用すると読み込めない場合がありますので子品質がよいとされるメディアを使用しましょう、定番所は太陽誘電です)、今回はWindows7に搭載されているライティング機能で作成してみました。
Windows VISTAやWindows XPにもライティングの機能が搭載されていますので多分それらの機能でも読み込めるディスクが作成できると思います。

読み込ませてみると・・・ 

出来上がったCD-Rを読み込ませてみると・・・

再生したっ!!

再生されました、音も聞けるレベルで安心です、これでしばらくは退屈な車でも我慢できそうです。


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
ブログ記事検索
カテゴリ
特別コンテンツ
最新記事
月別アーカイブ
PR
Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

GUN DOLL
リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク