チューニングをする前に

チューニングをする前に少し考えてみましょう。

物事には必ずメリットとデメリットが存在します、コペンを改造してパワーアップしたいという気持ちは分かりますが長期的に見てそれが本当に改造して良かったと思うのか事前に考える必要があります、やっぱり改造して良かったと思ってもらえることが一番ですから。

では100馬力を超える出力に改造したコペンがどうなるか実際に経験したメリットとデメリットを記載しました、トータルで考えてデメリットが上回るならやめておいたほうがいいでしょう、メリットが上回れば改造してみましょう、きっと高い満足感が得られますよ。

デメリット

街乗りの快適さが悪化(パワーバンドの変化による)
ガソリンのハイオク化(主にブーストアップから)
オイルの交換サイクルがシビアコンディションへ(3000km毎交換)
燃費の悪化(燃調をしないと燃費が特に)
消耗品の増加(プラグ10000km毎で交換・サスペンション・ブッシュやベアリングの早期交換)
ボディの補強(しない場合はボディが歪みますし直線でしか踏めない車になります)
パーツの強化(ブレーキ・サスペンション・タイヤ・ホイール)
エンジン寿命の低下
メーカーサポートが受けにくい

メリット

加速の向上(2リッターターボクラスほどの強烈なものではないがわずかに椅子に押さえつけられる感覚があり)
低速トルクが向上(ハイオク化・燃調・タービン特性によります)
最高速の向上
コーナリングが高速化
制動距離の短縮
やる気が出てくるタービンノイズ・吸排気音等(静かなのが好きな人にはデメリット)

100馬力を超えるとはっきりと加速が変わってきます、ノーマルのコペンに載っているかたに試乗してもらうと自分のコペンと全然違う!といって運転席から出てこられました。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
ブログ記事検索
カテゴリ
特別コンテンツ
最新記事
月別アーカイブ
PR
Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

GUN DOLL
リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク