ポン付けパーツで最高のアンダーフロア補強を考える!

ロアブレスバー3点SET

コペンの弱点はなんといっても車体剛性が弱いことです、走行2万kmでモノコックボディが緩みグニャグニャするのでチューニングを考えるならなんといってもまずは補強というのはコペンの定番です。

この点は改造・チューニングの基本でも語っていますがともかく剛性をあげないとエンジンより先にボディがやれてしまいます。

私もいくつか補強はしているもののオープン時のボディ剛性低下には満足がいきませんしリアの補強も後回しになっています、そこで今回はフロア補強を考えリアの補強を最優先しつつ最終的にフロア前面をがっちりと補強するにはどうすればいいのかを考えてみました。


コペンは元々剛性を確保するためにクロスビームがアンダーフロアのフロントとセンターに装着されています、下をのぞき込むと見える黒い十字の棒がクロスビームです。

このクロスビームは剛性を確保するにはいまいちもの足りずヤフオクなどでは四角形の枠を追加した純正補強品も出回っているみたいですがスチール製のため重量はかなり増えるはずです。

またリアについては純正品はなく社外品頼みとなるのですがリアの補強パーツはそれほど種類がありません、しかもフロント・センター・リアのバランスを取りつつ他の補強パーツとの干渉も裂けるとなると候補はかなり絞られます。


その要件を満たせるのは現在Kansaiサービスのロアブレースバー+リアロアブレスバーしかみあたらないようです、リヤパフォーマンスブレースは干渉するため使用できないようですが、D-Sportのサイドシル補強バーとの干渉はないとの報告が上がっているため剛性はさらに強化されること間違いなしと期待の高まるパーツです。

ありがたいことにこのロアブレースバーは単品での販売をしているので購入に関しては1点づつ買い増しして完成させることも可能です、全て一気に揃えるとなると定価で14万円とけっこうするので余裕がない私にはありがたいことです。

ちなみにこのパーツの性能についてはサーキットを攻めるひとも愛用しているほどでフロア補強では良く目にするパーツです。
その秘密はやはりアルミを使用し軽量化を図りつつも目の時断面により剛性を落とさない方法と全面を補強する全てのパーツが揃っているという点でしょう。


特にリアについてはグニャグニャで剛性もないへったくれもないトーションビームバー(リアの左右のハブを繋いでいるH形のパーツ、リンク先の動画で曲げているのがトーションビーム)のせいでリアがもたつくうえサスペンションが仕事をしないのですがリアロアブレスバーをつけることによってトーションビームバーの左右を結んでいるバーの強度不足を補うことができるため剛性の向上によりサスペンションの効果が上がるだけでなくステアリング性能の向上を期待することも可能なようです。

ただし、1点だけ注意点があり縦剛性を確保するサイドロアブレスバーについては単品での使用は不可なうえボディへの穴空け加工が必要になります、これさえクリアすれば最高のフロア補強が手に入るでしょう。

今のところKansaiサービスのロアブレースバー+リアロアブレスバーを最有力候補として購入資金を確保しているところです。


ちなみに次点としてはフロントとセンターを一体化させたD-Sportのフロア・フレームバーが上がりますがリアはセットされていません、しかしサイドシル補強バーとの併用は可能なのでフロア・フレームバーとリア単品の補強パーツと組み合わせればポン付けレベルでのアンダーフロア補強はほぼ完成といってもいいでしょう。

リア補強の単品パーツとしては先ほどのKansaiサービスのリアロアブレスバーとハーフウェイのリアフレームサポートバーしか見あたりません、一番剛性が弱く強化しないといけない部分なのに選べるのはこれだけなので考え物です。

後は取り付けた後のバランスが合えばいいのですがこれはメーカーが違うのでなんともいえない部分で取り付けてみるまで分からないという点が気になります。

ボディ補強はすればするほどボディの弱い部分へ応力がかかるためバランスよく補強することが必要なのですがパーツの組み合わせによりどこへ応力が逃げやれていくのかは考えてもわかりません。
ただ走行中にボディのここが曲がっているなという感触は伝わってきます、私の場合はシート後ろにあるトランクとの隔壁部分が特にねじれる感覚がしていて嫌な感じになりますがそれはリアの補強をしてない結果です。

このように補強もバランスが必要ですのでできればセットでフロントからリアまで補強できるものをお勧めします。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
ブログ記事検索
カテゴリ
特別コンテンツ
最新記事
月別アーカイブ
PR
Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

GUN DOLL
リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク