タブレットやスマートフォンを手軽に車の追加メータにできる!ODB2スキャンツール

Torque


今では身近なものとなったスマートフォンやタブレットPC、その多機能さはまさに魔法のツールです、そんなスマートフォンやタブレットPCをなんと追加メーターにすることが可能なツールがこの世の中には存在しています。



そのツールとはこのODB2スキャンツールです、このODB2スキャンツールは車の診断コネクタに差込んで使うものでコネクタから受けた信号をUSBやWi-FiやBluetoothでパソコンやタブレット、スマートフォンへと転送してODB2対応アプリで受けた信号をメーターや数値として画面に表示するというものです。

通常の追加メーターと違い車を一切改造をする必要がありません、しかも取り付けは診断用アダプターに差込んでアプリで設定をするだけと手間も時間も費用もかからない画期的なツールです。

電源はコネクターから供給されますので本当に取り付けるだけでハードのセットアップは終了と車を改造したくないという人や手軽に追加メーターがほしいという人向けの商品です。

この手の商品は通信方法により接続できるハードが決まっているようでパソコンで使うならBluetoothかUSBモデル、iPhone・iPod・iPadで使うならWi-Fiモデル(Bluetoothのプロファイル制限が厳しいため)、Androidスマートフォンやタブレットで使うならBluetoothモデルを選択しないと使えません。

さらに診断コネクタに差し込めたから使えるというわけでもなく診断コネクター内を流れているプロトコルが対応していないと使えないので注意が必要です、特に日本車は独自のプロトコルを使用している車種が多いので事前に調査しておきましょう。

Amazonの商品ページやこの販売サイトには使用できた車種の報告があがっているので参考になるかもしれません。

後はタブレットやスマートフォンで使用するODB2アプリが必要なのですがAndroidではTorque(無料と有料版があり)というアプリが人気のようです、iOSはFUZZYCar(有料アプリ)というアプリが対応しているようです。

AndroidはODB2スキャニングツールとの接続に関しては問題は無いようですがiOSはWi-Fiの接続のため少し難しいようです、できるならばAndroidで使うのがお勧めです。

スマートフォンスタンド


後はスマートフォンやタブレットを立てておくスタンドや走行しながら充電できる充電用アダプターをそろえて置けば完璧ですね。

ちなみにわが愛車コペンはプロトコルが独自のものためそのままでは使用ができないと報告があがっています、是非買って使ってみようと思い念入りに調査してみたのですが最後の最後に使えないとは・・・残念です、もし次に乗る車が対応しているのなら導入してみたいところです。


ODB2スキャンツールをAmazonで探してみる

ODB2スキャンツールを楽天市場で探してみる

ODB2スキャンツールをYahooショッピングで探してみる

ODB2スキャンツールをYahooオークションで探してみる


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
ブログ記事検索
カテゴリ
特別コンテンツ
最新記事
月別アーカイブ
PR
Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

GUN DOLL
リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク