HKS関西(Kansaiサービス) リアロアブレースバー プリレビュー

リアロアブレースバー 

純正でも補強が入っていないリア側の補強をするべくHKS関西(Kansaiサービス) リアロアブレースバーを購入してきました、今回は装着前のプリレビューということでパーツの細部を見ていきたいと思います。

コペンは純正状態でも補強が入っているのですがフロントとセンターはクロスビームという補強に対してリアはリアパフォーマンスバーという頼りないバーのみでモデルによってはそれすら用意されていないものもあります。

確かにコペンはFFのため前輪で走っているといってもいいほどフロントを酷使するため補強をするならまずフロント側から補強するのがお勧めです。

しかしフロントの補強をしていくとフロントの状態は手に取るように分かるようになるものの、リアの状態が伝わってこず背中からグニャグニャとモノコックボディが曲がった感触を感じます、間違いなく補強したしわ寄せがリアに逃げいるのでフロントの補強をしたらリアの補強も早めにした方がいいと思います。

ということで私のコペンもリアに補強が入るのですがパーツを取り付ける前にHKS関西(Kansaiサービス) リアロアブレースバーがどのようになっているのか見ていきましょう。


仮組

これがコペンをリア側から見た場合の装着イメージです。

このコの字になっている中の空間にガソリンタンクが入ります、センターからリアまでサイドシル含め補強をしトーションビームの補強と合わせてリアの全体的な補強を行なうことが可能です。

サイドバーL

左右のバーの上段外側バーはリアパフォーマンスバーと同じ箇所を補強します、リアロアブレースバーではさらにサイドシルへの接点からリア側に伸び、内側のまっすぐなバーがトーションバーの接続部分まで補強します。

線ではなく小さいですが面での補強のためリアパフォーマンスバー以上の効果が期待できそうです。

このパーツはアルミではなくおそらくスチール製です。

接合部


これがサイドとリアのバーを接合する箇所です、赤い矢印の箇所をトーションバーをボディに取り付けているボルトと共に締めて取り付けます。

付属ボルト


そして黄色の箇所を付属のボルトで取り付けて左右を繋ぎます、なんだかタワーバーに似た構造ですがこのリア側のバーはまさに効果共にリア版タワーバーといってもいいでしょう。 

塗装は綺麗

アンダーフロアに装着するため普段は見えないパーツなのですが塗装はしっかりしています。

溶接面 溶接面2 溶接面3 溶接面4

溶接箇所はさすがプロです、アルミ材もしっかり溶接してあります、Rの処理も綺麗と文句無しの仕上げ具合です。
正直なところ見えない箇所なのにここまでやるかと。

サイドは1370g もう片方のサイドは1320g

気になる重量はサイドは1370gと1320gです、スチール製のため重たいですが剛性はその分あります。

 
リアは880g


リアのバーはアルミ製なので880gとサイズの割には軽量です、目の字断面で構造的に強化しているので曲がることはないとは思いますが効きが弱ければアンチロールバーを強化するなり手段はあります。

さて問題は取り付けです、下に潜る必要があるのですが前回フロアジェッキが入らないという問題が露呈したのでスロープでも買ってこないと自分で取り付ができそうにありません、いっそ工場でもまた借りようかな・・・

ロアブレスバー3点Set+リアロアブレスバーをAmazonで探してみる
ロアブレスバー3点Set+リアロアブレスバーを楽天市場で探してみる
ロアブレスバー3点Set+リアロアブレスバーをYahoo!ショッピングで探してみる
ロアブレスバー3点Set+リアロアブレスバーをYahoo!オークションで探してみる

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
ブログ記事検索
カテゴリ
特別コンテンツ
最新記事
月別アーカイブ
PR
Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

GUN DOLL
リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク