頑固なブレーキダストをブレーキダストクリーナーで落としてみた

ブレーキダストで汚いホイール 

日本車の純正ブレーキパッドはそうでもないのですが、欧州車やスポーツ向けのメタル入りブレーキパッドは使っているうちにブレーキダストがホイールにこびりつくので考え物です。

ブロンズ色のホイールはブレーキダストが目立たないのですが、さすがにココまでくると目立ってきます。そこで今回はブレーキダストをブレーキダストクリーナーで洗浄してみました。

ホイールクリーナー
 

これが今回用意したブレーキダストクリーナーとホイールブラシです。普通のボディ用洗剤と違いこのクリーナーは金属粉を溶かして落とす洗剤です。

特殊な洗剤のためホイールによっては変色することもあるようなので、試しに目立たないところにつけて変色しないか確認しておかないと後で泣きを見るかもしれません。

他にも付着してはいけない箇所があるので説明書きはよく読んで使いましょう。

洗剤を吹きかけ

ホイールにシュシュッと吹きかけてしばらく置くきます。

この手の洗剤はヨウ素液のような独特の匂いが特徴す。あの匂いが苦手な人はダメかもしれませんね。

ダスト中の鉄粉に反応する

しばらくするとホイールに付着したダストの主成分である鉄粉に反応して紫色に変色してきます。

ブルーペリーヌちゃん! 

リアホイールはそれほどでもなかったのですが、フロンホイールの汚れは相当なものであっという間に白い泡がブルーベリーのような紫色の泡に変色しました。

フロントに負荷がかかる分ダストが酷いのは仕方ないことですね。

この後ブラシで擦って水で流せば洗浄完了です。

フロント洗浄前

 フロント洗浄後

フロントはこのように。

汚れ残りアリ

頑固にこびりついているブレーキダストは取れませんでした。3回ほど洗浄したのですが、熱の入った状態で付着したため表面のコーティングに溶け込んでいるのか固着しています。

リアホイール洗浄前

 リアホイール洗浄後

リアホイールはそれほどブレーキダストが酷くなかったのでこのように綺麗になりました。

フロントは汚れが残っているので今度ホイールを取り外す機会に酸性の強力タイプのブレーキダストクリーナーで徹底的に洗浄してみたいと思います。


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
ブログ記事検索
カテゴリ
特別コンテンツ
最新記事
月別アーカイブ
PR
Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

GUN DOLL
リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク