コペンにタブレットPCを車載してみた

  コペンにNexus7を車載

長らく使用していた車載PCが故障したので、前から考えていたタブレットPCの車載を実行してみました。

この頃のタブレットPCは進化が凄まじく、ナビ・オーディオ・動画プレーヤーといったカーナビが持っている機能は当たりまえ、インターネットに接続することでネットを見たり、アプリをダウンロードして色々できるので、車載すると非常に便利です。


使用したアイテムや取付けについては動画とメインブログの記事を参考にどうぞ。メインブログでは動画で紹介しきれない箇所を色々と説明しています。

こちらでは主に車側の説明をしておきたいと思います。まずホールド性についてですが、スポーツサスを搭載している愛車が荒れた道を走行してもタブレットが外れることはありません。荒い運転でもしっかりとホールドして落下しません。

搭載して大正解

GPSの信号についてはコンソールの手前という恵まれない環境でも受信しており、ナビアプリや地図アプリに現在地を表示することができます。

また、この頃は車の診断コネクターから信号を取り出し、各種ステータスをスマートフォンやタブレットPCに表示させるODB2スキャンツールというアイテムがありますが、このように搭載したタブレットPCで使えば、後付け感も無くスポーティな画面を表示させることも夢ではありません。

スポーティーな後付けメーター

対応していなくとも、GPSセンサーがあれば速度計になりますし、Gセンサーがあれば横Gや加速Gを表示させることもできるので、 ODB2スキャンツールが無くともこのような画面を表示させることができます。

スポーティーな車には後付けメーターがよく似合うのですが、こういう後付けメーターも悪くありませんね。もちろんカーナビと同じような機能を持っているので通勤時の音楽再生など普段使いでも活躍しています。


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
ブログ記事検索
カテゴリ
特別コンテンツ
最新記事
月別アーカイブ
PR
Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

GUN DOLL
リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク