300馬力のMINI登場!BMW全面協力?!Top Gear シリーズ17 エピソード1

TopGear始まった!


今年も始まりましたみんな大好きTopGear、いつもニコニコにアップロードしているcynthia氏には感謝です、素晴らしいクオリティの動画を素晴らしいクオリティで公開してくれいるので大画面でしかも高音質でTopGearを楽しむことができています。













でかさが違う


今回最初に出てきた車は南アフリカParamount Group社Marauderです。

物騒なものをと思うかもしれませんがアフリカは結構物騒なところ・・・というものありますがParamount Group社は軍事関連企業のようでプロダクトページにはごつい装甲車や戦闘機などが並んでいます。

今回はこの車の魅力を余すことなく紹介するため3kg以上の軍用爆薬を使うという荒技をやってのけます、もちろんMarauderは爆破され・・・

BMW 1シリーズ Mクーペ


続いてはBMWからBMW 1シリーズ Mクーペです。
残念ながら日本での販売は地上最低高の問題で不可能となりました、最初にこれをいっておかないといけないほどこのBMW1シリーズMクーペの出来は素晴らしく直列6気筒・クーペ・FRとバッチリ肝を抑えています、そのうえツインターボで340馬力と車体のスケールに対してオーバースペック気味なところがもうなんというか大好きです!

BMWは大衆向けモデルということであまりパッとしない車が多い中唯一Zシリーズだけは格別と思っていましたがBMW1シリーズMクーペも格別クラスです、Mシリーズの名に恥じない恐ろしい性能を持ち合わせています。

加速勝負


加速性能のテストではポルシェ ケイマンRとロータス エヴォーラSを相手に勝負を挑みます、価格は格下のBMW1シリーズMクーペもですが結果は・・・

さらにスティグによるテストコースチャレンジではハプニングが発生、やっぱりBMW1シリーズMクーペはやんちゃなFRだなぁと感じる場面も、BMW1シリーズMクーペいつか乗ってみたいです!


MINI


さらにBMWが続きます、MINIといっても市販車ではなくWRC仕様のMINIです。
ベースはMINIカントリーマン(日本名はクロスオーバー)です、先代のMINIも好きですが今の現行型のMINIのほうがやっぱり好きですね。

なんといってもコンパクトカーのサイズに1600ccで211馬力とかぶっ飛んでます(ジョンクーパーワークスモデル)、コペンを乗りつぶしたら次に買おうと思っている有力候補ですがそのMINIのWRCモデルは流石ラリーモデルだけに300馬力で0-100km加速は3.5秒の化け物です、メイがハイテンションになったのも分かります、正直こんなにぶっ飛んだ車に乗れるなんてうらやましい!

エイミー・ウイリアムズ


WRCモデルMINIの素晴らしさを分かりやすく表現?するためなんとスケルトン金メダリであるストエイミー・ウイリアムズと勝負です、高速で体を守るものがないため死亡事故が起きているほどスピードの出るスケルトンとIRCプロドライバーのクリス・ミークが操るWRCモデルMINIの一騎打ち結果は・・・

空飛ぶWRCモデルMINI


というかやっぱりラリードライバーは頭のネジがぶっ飛んでる!MINIが空飛んでるよ!!

ジャガーEシリーズ


最期はジャガーです、今ではインドのタタグループとして存在していますが昔元気だった頃のジャガーが生み出したEシリーズを振り返ります。

1961年に発売され当時は大ヒットした車です、流線的な美しさはスピードを求めるためで3.8リッターのエンジンにより最高速度は240kmと信じられない性能を持ち合わせています、もちろん当時はキャプレターですからなおさら驚きですよ。

そして現在でも通用するEシリーズとしてイーグルスピードスターが登場しています、Eシリーズをベースに改良を加えたイーグルスピードスターはクラシックなイメージにもかかわらずスポーティーな面影も見せてくれる車です。

4.7リッター直6エンジンにより0-100km加速は5秒と今回紹介される車は殆どが車格に似合わずオーバースペック気味です。


日本車ももっとこういうのを見習って欲しいのですがねぇ、ま、無いなら改造するか外車へ乗り換えです、やっぱり車は乗って楽しいが一番ですよ!

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
ブログ記事検索
カテゴリ
特別コンテンツ
最新記事
月別アーカイブ
PR
Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

GUN DOLL
リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク