トラブルレポート ギアが入りにくくなった

ギアが入りにくい

もうすぐ8万kmになろうかという初代コペンですが、最近少しずつではありますがトラブルが出始めています。

今回起こったトラブルは「ギアが入りにくくなった」という症状です。

元々コペンのMT車はギアが入りにくいという話は良く出ていますが、今回の件は他の車と比較してではなく、今まで使用していた状態から悪化したという症状です。

症状としては停車時にニュートラルにし、クラッチペダルを離す。そして再びクラッチペダルを踏んでニュートラルから1速に入れようとすると激しく引っ掛かるような抵抗があり、かなり力を込めて押し込まないと入らない状態です。

この症状は、何故かある程度走行(エンジンが暖まる程度)しないと発生しないという条件付きです。

さすがに、毎回、力を込めてシフトを押し込むのもどうかと思い、クラッチペダルを踏み、他のギアに一旦入れて1速へ入れてクラッチペダルを戻すという対処法で凌いでいたのですが、2速、3速も続いて入らなくなってきたため、これはまずい!と感じて車を見てもらうことにしました。

が、トラブルの根本的な原因を探るには、一度ミッションを降ろし見てみないことには分からないということで、時間と費用の面からミッションを降ろすのはやめておきました。

車検もありましたし、何より、ミッションを降ろすならついでに強化クラッチを入れておきたいと前から思っていましたので、今回はミッションオイルの交換でとりあえず様子をみてみることにしました。

ミッションオイル交換後は、引っ掛かる症状は無くなり、ギアがかみ合う際のガリッとした抵抗感は残るものの、前よりは遙かにスムーズに1速に入るようになりました。

一応、初代コペンのミッションオイル交換目安は10万kmですが、シビアコンディションでの利用や、前にクスコのミッションオイルに入れ替えたこともあり、単純にオイルの潤滑能力が走行により劣化していただけの可能性が高そうです。

とりあえず、MT車のギアが入りにくくなったという際は、ミッションオイルの交換で様子を見てみると良いかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
ブログ記事検索
カテゴリ
特別コンテンツ
最新記事
月別アーカイブ
PR
Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー

GUN DOLL
リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク